口唇シリーズ

概要

『真紅の口唇』『蒼白の口唇』の二篇からなるシリーズ。
両親を殺したファミリアの元で育てられた青年ブルーノが、ドンの殺害を目論見ながらも、仲間たちとの成長によって復讐か、共存か葛藤していくアンダーグラウンドドラマ。

共通設定資料

専門用語

レイニーブルー

物語の舞台となる街。雨の止まない街。
大部分はブルーノたちのファミリア、アルティファミリアの占領下にあるが、一部分は敵対ファミリア、テスタファミリアの手が回っている。
石畳の道路、石材の家々など、見た目は中世を思わせるが、扉を開ければ、電力も通っているし、ガスや水道も完備されている。
街の中心には構成員たちが仕事を請け負いつつ、暇を潰すバーがあり、基本的にファミリアの面々はそこで一日の大部分を過ごしている。

アンジェロの酒場

街の中心にある酒場。
ファミリアの力の強さが故に、密造酒などという劣悪な酒はなく、正当な方法で作られた酒類がカウンターには多く立ち並んでいる。
しかしカクテルというものに憧れを持つアンジェロは、その良い酒を使ってカクテルを作ろうとするため、度々ブルーノに文句を言われている。

カルロの工房

街の外れにある小さな木造の家。
ブルーノの親友であるカルロが住んでいる。
石工職人という肩書を持ちながら、銃器にも精通しており、ブルーノの武器などの手入れや、装具の開発などを行っている。

肩書

ドン:ボス。街のどこかの隠れ家におり、ほとんど姿を見せることはない。
アンダー・ボス:若頭。ドンが出した仕事を受け取り、アンジェロに渡すことで仕事の斡旋を行う。
カポ・レジーム:幹部。各指の名を冠された五人の幹部が、率先して仕事を取り仕切る。

  • 最終更新:2020-04-12 15:47:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード