旧人類種

概要

唯一の生き残りであるの遺伝子を受け継いだ人類種。
交配方法、生物的行動は旧人類に基づく。

旧人類

概要

現実同義時代の人類。
パンデミックを境にその人口を激減させ、結果一人になる。
その生き残りは死後新人類の科学技術によって、脳のみを取り出され、生命維持をされつつ世界の指導者として永遠に生き続けたという。

代表者


短命種

概要

旧人類である玲と新人類が交配して生まれた人類。旧人類種第一種族。
新人類と比べると圧倒的に短命であった。

容姿

新人類とほとんど同じ容姿ではあるが、稀に旧人類の父の血を濃く継いだ黒髪の子が生まれた。

種族特徴

容姿は全くと言っていい程、新人類と変わらなかったが、長命などの新人類の種族特徴を手に入れることはなかった。
しかし新人類同様進化した存在であり、食した獣の遺伝子を自らの遺伝子に刻み込んでおり、ここで刻まれた遺伝子が数千年後突然変異として彼らの子孫の身体を劇的に変化させることになる。
短命のため、長命種とは違い、圧倒的に数が多くなっていった。

代表者

未登場

地人種

概要

短命種と長命種が混ざり、樹人種に対し、地上で繁栄した人類。旧人類種第二種族。
既に種族的特徴は度重なる交配により、特定は不明になり、遺伝子的な分類は消え去っている。

容姿

かつてのどの種族の血を濃く継いでいるかによって大きく変化する。
長命種や短命種であれば緑がかった金髪を持ち、旧人類であれば黒髪。
しかしそれも単なる指標に過ぎず、正確に判断することは不可能であった。

種族特徴

かつてのどの種族の血を濃く継いでいるかによって大きく変化する。
長命種であれば長命であり、短命種であれば短命であった。
しかしそんな多くの種類が混在する人類でありながら差別という概念が生まれなかったことこそこの種族最大の特徴かもしれない。
また地人種は種族の血関係なく、皆魔術の扱いに長けていたという。

代表者

未登場


獣人種

概要

開拓時代幻想期分岐点で誕生した人類種。旧人類種第三種族。革命人類第二種族。
かつて分岐時代SF期に生存していた混血種が取り込んだ動物の遺伝子が体に反映された人類。突然変異。
それは偶然か、同時多発的に生まれ、当初は忌み子と呼ばれたが、獣特有のそのタフさで人権を獲得した。

容姿

第一世代は遺伝子に一番強く刻まれた動物の特徴が身体に現れた。
その容姿は人間というより、獣が二足歩行しているような形が近かい獣型と耳と尻尾だけ獣という人型の二種が存在した。
その後、その他の人間と交配するようになり、人に近い獣人種が誕生していくこと成る。

種族特養

動物の特徴を得ていることもあって通常の人間より圧倒的に身体能力が高く、角や牙や爪などを使って近接戦闘を行う兵士は、当時最強と謳われた。
その他嗅覚が強かったり、視野が広かったりと継いだ動物の力が色濃く反映されていた。
しかし時空時代幻想期Aでは重要な魔術を一切扱えなかった種族でもある。

代表者

クレア(風吹けシリーズより)
シルヴァ(Wolf'sLastより)

人間種

概要

革新時代幻想期Aで誕生した人類種。旧人類種第四種族。革命人類種第一種族。
人の属を司る宝玉、智血玉の発した毒によって突然変異を引き起こした人類種。
かつての旧人類を想起させるその身体は、精巧な機械をもってしても、判別を付けることはできなかった。

容姿

新たに生まれた人種でありながら、その特徴は全て旧人類に一致していた。
黒い髪から白に近い金髪まで、環境によってその色を変える彼らは度々空にかかる虹に例えられた。

種族特徴

身体能力が高いか、魔術適性が高いかも環境によって変化し、一番平凡で一番扱いにくい種族であった。
また先人が旧人類生き残りから作り上げたクローン用に製作した神力の扱いに長け、機械が誤認識しその特別な駆動魔法を与えた人間を、神の加護を授かりし人間として奉った。

代表者


獣人種

概要

開拓時代幻想期分岐点で誕生した人類種。旧人類種第四種族。革命人類第二種族。
かつて分岐時代SF期に生存していた混血種が取り込んだ動物の遺伝子が体に反映された人類。突然変異。
それは偶然か、同時多発的に生まれ、当初は忌み子と呼ばれたが、獣特有のそのタフさで人権を獲得した。

容姿

第一世代は遺伝子に一番強く刻まれた動物の特徴が身体に現れた。
その容姿は人間というより、獣が二足歩行しているような形が近かい獣型と耳と尻尾だけ獣という人型の二種が存在した。
その後、その他の人間と交配するようになり、人に近い獣人種が誕生していくこと成る。

種族特養

動物の特徴を得ていることもあって通常の人間より圧倒的に身体能力が高く、角や牙や爪などを使って近接戦闘を行う兵士は、当時最強と謳われた。
その他嗅覚が強かったり、視野が広かったりと継いだ動物の力が色濃く反映されていた。
しかし時空時代幻想期Aでは重要な魔術を一切扱えなかった種族でもある。

代表者

クレア(風吹けシリーズより)
シルヴァ(Wolf'sLastより)

魔人種

概要

時空時代幻想期Aで誕生した人類種。旧人類第五種族。革命人類第三種族。
魔術が発達した世界で、魔術によって誕生した人類。

容姿

ほとんど人間種と変わりはないが、肌はとても白く、髪も薄い色が多かった。
また魔術に魅入られた種族でり、魔術を使わないとまともに体を動かせないくらい貧弱な種族であった。

種族特徴

時空時代に存在した魔術の元になっている世界樹の花粉、通称魔素を唯一直接刺激できる種族である。
また魔術に魅入られた種族であるため、他種族より圧倒的な魔術適性を持っており、魔術に必要なエネルギーを蓄える器官もとても大きかった。

  • 最終更新:2019-10-08 14:56:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード