狼ーINDE・LUNAEーシリーズ

概要

『狼血』『人狼』の二篇からなるシリーズ。
自らの部族を滅ぼされた少女ルイーズが、侵略者である王国相手に、一匹の白狼と共に復讐を繰り広げる。

共通設定資料

専門用語

インデ・ルナエ

遥か遠きもの。狼に対する信仰の強い部族がこう称した。
彼らは一生に一度だけ、狼を狩ることを許され、その狩った狼の肉を一人で全て食らい、その毛皮を自らの衣服とすることで、狼に一体となると信じている。
特にアルビノ種は特に神聖視されており、「世の理にて黒の義が息づく時、白き始源が巫女と共に安寧を齎す」という伝承がある。
しかしその文言だけ伝わっており、黒の義が何を表し、巫女が何を成すのか何もわかっていない。

  • 最終更新:2020-05-21 22:27:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード