Wolfシリーズ

概要

の五篇からなるシリーズ。
時系列順も良いですが、執筆順に読むことをお勧めします。
ですがどれも一つで完結するように書いているため、どれから読んでも問題はありません。

第一作 エピソード4 Wolf'Pain~合成獣の後継~

あらすじ

魔法大陸サーナティアでは未だ人間と魔人の戦争が続いていた。大戦と称されるかつての戦争で疲弊しきった両陣営は、束の間の平和を楽しんでいたが、人間種最大の戦力王国軍に、大戦時魔人の開発した破壊獣キメラと同様の能力を有した青年が入隊したという報せを切っ掛けに事態は急変していく。

第二作 エピソード3 Wolf'sDead~不完全な獣人~

あらすじ

獣人種。それは魔法大陸に生まれながら魔法という術を一切持たない種族。しかし数十年、いや数百年に一度魔法を扱える忌み子が生まれるという伝説があった。
異端児シルヴァはその伝説の忌み子でありながら、魔法を不完全にしか発現できなかった。しかし近接戦闘能力も魔法もまともに扱えないシルヴァは、獣人史における最大の英雄にまで成り上がる。これはそんな不完全な彼の英雄譚。

第三作 エピソード2 Wolf'sSword~どうのつるぎは100ゴールドです~

あらすじ

冒険者たちの間で囁かれている一つの噂。王都が認めた選抜パーティの中に「かわのよろい」と「どうのつるぎ」で戦っている者がいる、と。
事実を知らない者たちは、口々にあらぬ憶測を投げかける。しかし彼を見下した者は度肝を抜かれることだろう。彼らは知らないのだ。彼こそがこの世界で最強の剣士だということを。

第四作 エピソード1 Wolf'sOrigin~望み人と魔法大陸~

あらすじ

「今から皆さんには戦争をおこなってもらいます」
そんなことを言われた有馬海莉は、自らの記憶が一部失われていることに気づく。恐らく自分は普通に生活し、普通に自らのベッドで眠りについたはずだ。しかしそういった男は彼らの事情を気にも止めず、一人一つの能力を与え、その戦争が起きていると言われている大陸へと送ってしまう。
この時彼らはまだ気づいていない。ここに集められた全員に共通している事実があるということ。与えられた能力を使えば使うほど、その事実に気づいていくということを。

第五作 エピソード5 Wolf'sLast~火の国と創られた最強の英雄~

あらすじ

ソード、シルヴァ、アルマの能力を引き継いだ青年カイリはかつての宿敵クロガネを打倒するため、今一度大地へと降り立つ。
見るも無残に改変された世界は、火の神と称されるクロガネの手中にあった。世界を救うために創られた英雄カイリは、「この世界をすぐに直してしまうのは勿体ない」と吐き捨て、世界に点在する極地を制覇する旅に出る。
「大丈夫だって、この世界楽しんだらちゃんと救うから」

  • 最終更新:2020-05-23 13:40:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード